スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんはお腹の中で何をしているのか

本屋さんで見た瞬間に、胸がキュンキュンして買わずにはいられなかった本




世の中本当、色々なものが発明されてすごい

今は4Dエコーってのがあるのですよ

みなさま、ご存知でしたか

もちろんベクシィは知りませんでした

4Dとか言われても、ドラえもんの4次元ポケットしか思い浮かばず
4Dエコーがどんなものか重い浮かびもしませんでした

今までおなじみの白黒エコー写真は2Dエコーです
平面でしょ

3Dエコーになると、平面から立体になります
お腹の中の赤ちゃんが立体で見えるのです

それだけだって今までの2Dエコーから見るとすごいのに、
4Dになると画像ではなく動画になってしまうのです


これはすごいですよね~~~


本の中にも、お腹の中の赤ちゃんの4Dエコーを見たママ達の喜びが
普通の2Dエコーの画像を見た時の喜び方と全く違っていたと書いてありましたが、
その気持ちはすごく分かります

やっぱり白黒の断面図を見せられるより、
立体でしかも一生懸命動いている姿が見れるってママにとっては嬉しいですよね

本は、たくさんの3Dエコー写真と共に、
お腹の中にいる時に赤ちゃんが何をしているかが綴られています


ニコニコしたり、しかめっ面したり、キックパンチしたり、腹筋したり、
ピースしたり、指しゃぶったり、鼻の穴に指を入れたり、腕のマッサージしたり、
正座したり、おしっこしたり…

ママのお腹の中で赤ちゃんも大忙しです

それがもう、可愛くて


さらに、実際の4Dエコーの映像もついています


ベクシィがママのお腹の中にいる時は、2Dエコーも無かった(?)そうで、
ママはお腹の中にいるベクシィを映像として確認したことが無いそうです

それからもう30年以上

時代は2Dから3D、さらに4Dまであっという間に進みますね


生命の神秘を感じつつ、
とにかく文句なしに可愛さに癒されるステキな1冊です




こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ

人生談義

言わずと知れた、日本屈指の経営者・松下幸之助さんの本




この本は松下幸之助さんが92歳から94歳の亡くなる寸前までの間に語ったもので
『PHP』誌に連載されていたものを一冊にまとめられたものです

ベクシィがわざわざ言うまでも無いことですが、
本当に素晴らしい経営者だなぁと思います

素晴らしい経営者ということは勿論、
素晴らしい人間だからなのですが、
やっぱり何事も人としてどれだけ成長出来ているかで全てが変わるきがします

昨日、ベクシィはお金に無頓着であると書きましたが、
お金を嫌っているわけではありません

むしろわたしはお金が大好き
子供の頃からお金好きです

だって、お金がいっぱいあればそれだけたくさん人の為に使うことだって出来ます

そう、でも、基本的にわたしは正しいココロで生きていれば、
その時の自分に必要な分だけ、相応した分だけちゃんとお金は巡ってくると思っているので
結局お金に対しては無頓着で生きています


だから、お金をネガティブにとらえたり、
お金持ちをまるで悪かのように言う方の気持ちは良く分からないのですが
昨今のビジネスはちょっと苦手

ビジネス=お金儲け=売り上げ重視=人ないがしろ


この構図の商売をしているところがあまりに多い気がします

もちろん、この不景気の中、食うか食われるかの世界で
キレイごとなんて言ってられないというのも良く分かるのだけどね

まず人ありき

本当に世の中の為になることをしていれば、
かならずそれ相応の対価は得られます


人にはそれぞれ与えられた天与の特質があります

その特質を最大限に生かしてこそ「人間としての成功」ではないか



筆者のこの考え、本当にその通り

自分の特質を最大限に生かせれば、
ココロからの幸せを味わえると思います

日本の経営者が皆、筆者のような精神の持ち主だったら
日本はもっとステキな国になっていることでしょう


いつかベクシィも経営者になることがあったら(たとえ話)
ココロから人を大切に出来る、こうゆう経営者でありたいです





こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ

富者か、貧者か

恥ずかしながら、お金に無頓着でビジネスに興味が無いベクシィ
が、しかし、時々ビジネス書を読みます

何故って、ダーリンが武将のようなビジネスマンだから

ベクシィとダーリンは興味も思考も全く反対
なので勿論、読書大好きベクシィの反対は読書出来ないダーリンなのです


嫌いなら読まなけりゃいいと言えばそうなのだけど、
仕事上人からの勧めで本をいただいたり、勉強の為に必要だったり、
読まないではいられない状況がちらほらあります

そんな時に役立つベクシィ

パパッと目を通して大まかな内容を伝えて、ダーリンの読む気を煽ったり
読みやすい本か読みづらい本かを判断したり、
時には結局ダーリンは読まず、ベクシィだけが目を通したりしてます




丁度2年前に発売された本です

今後日本はお金持ちか貧乏かの2層に別れるというお話はよく聞きますね

今までは中間層の人が沢山いましたが、
それがいっさいいなくなるとか

そんな厳しい時代に負けずに富者になりましょう
という本なのですが、
ベクシィ、思いのほかこの本を楽しく読んでしまいました


最終的には先物の本なのですが、
その本題の先物の話は最後の20頁くらいしか出てきません

それまでは、お金の観点から見た人間力や、
日本や世界の財政状況などが書かれています

それが、歴史上の人物をはじめとする様々なたとえ話を交えて語られているので
興味深く面白いなぁと思いながら読めてしまいます

でも、やっぱりベクシィは
先物の話になったとたん、退屈で目がうつろになりました…

ダーリンも読めていたので、本が苦手な人にも簡単に読める本ではあります


ビジネスや資産運用の事はあまり良く分かっていないので、
この本がオススメかどうかはよくわかりません

二極化が気になる人は読んで見てもいいかも




こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。