スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル・ヨーガ

とてもよく書けています



って、「とてもよく書けてる」なんて、なんか上から目線な表現で変なのだけど、
上から目線での言葉と言うよりも、
「ああ、よく書かれてる」と読んでる時になんども感心してしまったのです

それだけ面白かった


全部で三章に分かれています

第一章目ではヨーガの哲学が紹介され、
第二章目は瞑想やプラーナヤーマについて、
第三章でヨーガの実践(アーサナ)が一章二章で語られた内容と絡めて紹介されています


ベクシィにとって、なにがすごく面白かったかと言うと
アメリカの医学博士の方が書いているところ

ヨーガの哲学などの本をちょこちょこ読んでるベクシィですが、
元々東洋に育った東洋思想の人が解説するヨーガの本が主でした

インドの聖者が語ったヨーガの本とか、
日本人でも元々東洋的な感じの人が書いたヨーガの本とか、
あっても、東洋思想に傾向した西洋人の本とか、ね

この本は、どうにもこうにも
ガッツリ西洋思想の中で育った西洋人が表現するヨーガ、という感じなのです

そうなるとやっぱり、同じことを語ったとしても表現が変わってきます

その表現がとても面白い


日本は東洋の一部ですが、
思想的にはほぼ西洋的になっている人が多い国だと思います

西洋的な思考の持ち主の方に初めてヨーガを説明する時は、
この本みたいな表現が一番抵抗無く分かりやすい気がします


アーサナ(ポーズ)以外のヨーガに初めて触れる方に、
最初の1冊としてオススメするのにピッタリと思います


ただ一つ思うのは、
この著者は多分、本当のサマーディには至ったことが無いだろうなぁと、
それは感じました






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ

食べて、動いて「美脚になる50の習慣」

久々の美容本です



超簡単に読める本で、数時間で読み終わりました

題名そのまんまの内容で、
美脚を手に入れる為に大切なヒントが見開きで1つずつ、
食生活とライフスタイルに分けて50個ほど紹介されています

おかしなことや、変なことはかいていません

しごく全うな事ばかり


でも、驚くことに、目新しい情報が一つも無い
知ってる内容しか書かれていませんでした

だいたい、こうゆう美容本を読むときは、
何か新しい情報を得たくて読むものです

基本的なことしか書いてないと感じる本でも、
だいたい一つくらいは新しい情報をget出来るものですが、
この本は、本当に、何一つ目新しいものが無かった…

とてもガッカリ


でもまぁ、それだけ基本的なことが書かれているということなので、
美容初心者の方には、読みやすくためになるかなぁと思います





こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ

仏の教え ビーイング・ピース

瞑想に興味はあるけれど、
イマイチ瞑想って何の為にするのか、何の役にたつのか分からない
と言う方にオススメの1冊です



ベクシィは知り合いのルーシーダットン&ヨーガの先生にお借りして読みました

この本は、ヴェトナムの禅僧であるティク・ナット・ハンがアメリカ人に対して、
行動する仏教や瞑想について語ったものが元になっている本です

東洋思想と真逆な思想の中で育っているアメリカの方々に
仏教や瞑想を理解してもらい、その良さを分かってもらう為に、
日常に即した例え話が満載で、とても分かりやすく表現しています

それ故、仏教や瞑想が初めての日本人にもとっつきやすく読みやすい


瞑想することは、今の一瞬一瞬を生きること

瞑想することは、自らと共にいること
自らのカラダ、感情、ココロ、そして自分の周りで、日本で、さらに世界で、
今何が起こっているかをはっきりと知ること、理解すること

瞑想は社会から離れ、社会から逃げ出すことではなく、
今、幸せな社会生活を送る為にすること

そして瞑想は微笑むこと


『瞑想』と聞くと、
人によっては世捨て人のようなものを想像するかもしれません

世捨て人まではいかなくとも、
変わり者や社会不適合者がするようなイメージかもしれません

または、今を捨てて、未来とか、来世とか、
死後の世界の為にしていると考えるかも?


しかし本当はそうではなくて、
誰よりも【今】を深く理解して、【今】を幸せに生きる為にあります

この本を読むと、そのことがより深く理解出来ると思います


ただ、なんか訳がちょっと変で
不思議な言い回しだなぁとか、変な日本語と思う部分もちらほら、です





こちらもよろしくお願い致します美しく生きる


Om Shanti & Love LOVE xxx     ベクシィ








ババジと18人のシッダ

表紙が変テコでちょっと躊躇
でも、ババジとクリヤー・ヨーガに興味があったので、読んでみた本




前回ご紹介したヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~
この中にババジという偉大なグル(先生)が出てきます

ヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~の中にはたくさんの聖者が出てくるのですが、
その聖者たちのグルがババジなのです

しかも、少年のままの姿で年を取らず、何世紀もの間生きつづけています


この本ではそのババジとやらはどんな存在なのか

そして【シッダ】と呼ばれる、死を越える存在にまで到達した18人の聖者、
プラス、シュリー・オーロビンドと呼ばれる聖者の話

クリヤー・ヨーガとはどんなヨーガなのか

さらにこの本の著者、マーシャル・ゴーヴィンダさんの半生が書かれています


クリヤー・ヨーガはとてもタントラ(密教)的なヨーガなので、
あまり大っぴらにされる事が無く、文献なども大々的には残されていません

その為、謎に包まれていたので、本で読めるなんてとウキウキ読みました



でも実際は、クリヤー・ヨーガの話より(とても勉強になったけど)
ババジやほかの聖者の話より、
この著者の半生がいちばん面白かったです

大体の聖者やヨーガの人の自叙伝を読むと、
「この一般とかけ離れた生活も楽しそうだなぁ」と感じます

が、しかし、この人のヨーガ人生は全く楽しそうではありません

道を変えずに今でもヨーガ道を一心に歩んでいるので、
本人としては充実感や幸福感を感じているのだと思いますが、
読んでるこちらとしては『うわ、やだな、大変そうだな、酷いな』と感じることばかり

そもそもヨーガを始める前に起こった事件から胸が嫌な感じになりました

アメリカ人の彼が、
アメリカで白い腰布しかまかないヨーガの集団に入る事の世間の冷ややかな目、
厳しいグルから課せられる過酷ないいつけの数々、
グルとの葛藤なんかはとてもリアルに伝わってきました


でも、「楽しそうだなぁ」と感じさせる自叙伝よりもきっと、
この人の半生の辛そうさ、大変そうさの方が本当なのだろうと思います

インド人でない私たちが全てを捨ててヨーガの世界に入ると言い出したら、
絶対待ち受けてるのはこっちな気がします


個人的には面白かったけれど、
ヨーガを学び始めてしばらくたってる人にオススメです

初心者の方にはちょっと分かりにくいかも


因みに、また新しい太陽礼拝を発見したのはラッキー






こちらもよろしくお願い致しますあるヨーギニーの本棚


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ



ヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~

とってもとっても有名&素晴らしい1冊です
yoga
ヨガ行者の一生―聖者ヨガナンダの自叙伝 (1959年)

まぁ、実際は素晴らしいと有名なのはあるヨギの自叙伝という本なのだけど

これは、ヨーガをする人のみならず、
スピリチュアル関係の方でも教科書と呼ぶ方が多い1冊で、
アマゾンのレビューでも絶賛されています

ベクシィの持っているこの【ヨガ行者の一生】は
そのあるヨギの自叙伝の改訂前のものです

改訂版の【あるヨギの自叙伝】が有名な中、
その前身である【ヨガ行者の一生】を持ってるなんて、ちょっとレアでしょ


【あるヨギの自叙伝】は5年前くらいに知人に借りて読んでいました

偶然これが手に入ったので改めて読んだのですが、
改めて読んでもとても面白かったです

でもさすがに5年前の記憶なので、どこが改訂されているかはちっとも分からず


ヨーガを学ぶ多くの人が出会う本ですが、
ヨーガを体操や運動的にとらえている方にとってはビックリの連続だと思います

そして、人によっては拒否反応が出るかもしれません

なぜなら、今わたし達が生きている、
科学的な文明世界の常識では有り得ない話ばかりだからです


俗世を捨てて一心に真理を求め続けた著者、聖者ヨガナンダの人生は、
たくさんの偉大な聖者たちとの出会いに満ち溢れていました

神との合一を達成している聖者たちは、
肉体も心も魂も、わたし達のそれとは大きく違います

わたし達の常識では【奇跡】としかいいようの無い出来事を当たり前に起こすことが出来るのです

聖者たちの【奇跡】を書きたいところですが、
それよりも読んで頂きたい思いが強いので、ここではひとまず書きません

が、そういった【奇跡】と呼ばれるようなことがどのように行われるのか、
どのような世界での現象なのかも分かりやすく書いているところが、
ヨーガとは関係ないスピリチュアル系の人にも絶賛される理由かと思います

ただ、非科学的なことが受け入れられない人にとっては、
自叙伝ではなくフィクションと思わないとイライラするかもしれません


聖者ヨガナンダはヨーガの教えをアメリカに広めに渡ったほどの人なので、
キリストの教えとヨーガの教えの同一性をとても良く理解しています

この本の中でもヨーガの教えを説明する為に聖書の一節がたくさん引用されています

さらに、時には聖書の一節の正しい解釈の仕方が解説されていたりもします

その為、ヨーガのみならず、
キリスト教に詳しい方が読んでも新しい発見があって楽しめるのではないでしょうか?


とにかく、ヨーガを本気で学びたいと思ってる方には、
いつか絶対読んで頂きたいなぁと思う本です




ヨガ行者の一生―聖者ヨガナンダの自叙伝 (1959年)


こちらもよろしくお願い致します美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。