スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは 私のヨガ

とっても面白く、充実の1冊

新版 こんにちわ私のヨガ―美しく変身する107の秘密 (Yoga and meditation)

初版の発行は1975年
ベクシィが生まれるより以前に書かれたものです

この著者の本はどれもとても良書で、とても研究されていて、経験にもとずき、
表現や言葉のチョイスなどもとても好きです

これはそんな著者の処女作です

中には旧版の前書きと1993年の新版の前書きとが両方ついておりますが、
新版の方には「この本は若気の至りで恥ずかしくて書きなおしたい」と書かれています

この後に出版されている著者の本を読むと、
確かにもっと大きな世界にどんどん進んでらっしゃるので
それを踏まえて最初の変化&気付きの段階として読むのもとても味わい深いです

そして、最初に書かれた本だからこそ、ヨーガを全く知らない、
今回ヨーガに初めて触れるというような方でも興味が持てる、一般的な題材を取り上げた
誰にでも為になる本に仕上がっていると思います


内容は生活全般にヨガの知恵を生かす方法がてんこ盛りです

病気や不調、美容から料理やセクシャルな事まで
若い女性が気になる事をヨガ的に解決して健やかに過ごす方法がたくさん書かれています

ハイヒールを履いた時の対処法、背を伸ばす方法、便秘についてや蚊に刺されないようになる為に、
さらには鼻を高くする方法まで

ぜーんぶヨーガ的に解明しています

同じような生活に役だつヨーガの本として昨日【ヨガ 幸福への招待】をご紹介させて頂きました

同じ沖ヨガ出身の先生方として、内容がかぶる部分もあるのですが、
内容の充実度、表現の仕方、著者本人の思いの強さ等々から
ベクシィ的にはこちらの本に大軍配です
(比べてしまってごめんなさい… でも、あくまでも私の感覚です)


そして何よりベクシィのツボにはまったのは、この時代感です

ポーズの説明等は、写真ではなくイラストなのですが、
そのイラストの古さたるやら!!

シティハンターとか、キャッツアイの時代を思わせるイラストで何だか面白い(笑)

ハイウエストのオーバーオールでヨガしてたりして


とは言え、一部食生活でやたらマーガリンを勧めるところに時代を感じますが
(今はマーガリンは危険と言われる事が多いですね)
それ以外は30年たった今でも全く色あせる事無く、大変役に立つ知識のオンパレードです


本読みベクシィもなかなか出会えない大ヒットな1冊でした


新版 こんにちわ私のヨガ―美しく変身する107の秘密 (Yoga and meditation)

いつか私も、こんな生活に即して、みなさまの役に立つヨーガの本を書いてみたいな


Om Shanti & Love Love xxx ベクシィ

ヨガ 幸福への招待 ~入門から瞑想至福体験へ~

とっても簡単な本なので小一時間で読めます

ヨガ 幸福への招待―入門から冥想至福体験へ

実に8ヶ月ぶりの更新ですが、この8か月の間にももちろん淡々と読書は続けておりました
そして珍しく、読書スランプになったり、執筆スランプになったりもしました

そんなこんなで久々なのでまぁライトな本からご紹介、という事で選ばれたのがこの1冊


最初のヨガの説明でヨガの行法として

ハタ・ヨガ(肉体的・生理的行法・動禅と考える)
ラジャ・ヨガ(精神面での行法)
カルマ・ヨガ(行為、仕事を通じての献身・奉仕行法)
バクティ・ヨガ(信愛行法)
クリア・ヨガ(浄化行法)
ジュニヤナ・ヨガ(真我に至る哲学行法)
マントラ・ヨガ(聖音行法)
クンダリーニ・ヨガ(超能力開発行法)


などをあげています

そして
『これらを部分的に行うのではなく、毎日の生活の中の一瞬一瞬をヨガ行法として総合的に取り組む「生活ヨガ」を私は提唱しています』
と、著者は言っております

この毎日の生活の中の一瞬一瞬をヨガ行法として総合的に取り組む…と言うスタンス
ベクシィが目指しているヨーガ、心がけているヨーガと同じです

まぁ、本来ヨーガと言うものがそうゆうものなので、
本当にヨーガを志している方と言うのは、そう言うまでも無く生き方をヨーガにしようと励むものであり、
ヨーガの行法の一つだけを取り出して、それ以外を全く行わずにヨーガの道を進むというのは不可能な事だけれども

そんなこんな、この本はそんな生活ヨガを紹介しているので、内容は生活全般多岐にわたります

最初に準備運動、そして13+αのアーサナの紹介があり、次に修正法の紹介です

首・肩のこりの修正
内臓下垂の修正
風邪・喘息の修正
痩身
ひざの痛みの修正
便秘の修正
生理痛の修正
腰痛の修正


次に呼吸法マタニティ・ヨガ、そしてヨガと食について紹介されています

さらに民間療法ツボの紹介

こんにゃく湿布とかビワ葉療法とか、昔のおばあちゃまの知恵袋のようなものが載っています

30代半ばのベクシィですが、現代っ子的な幼少~青春時代を送って来てしまったタイプなので
こう言った日本の民間療法は初めて聞くものばかりで興味深かったです

でも、馴染みが無さ過ぎていつも興味深いだけで終わってしまうのだけど


これらの紹介でざっくりご本の2/3です

そう分厚くない本の2/3の中にこれだけたくさんの事をご紹介されているので
アーサナ(ポーズ)だけではないヨーガの色々な部分に興味のある方にとっては、
入門書としてとても良いのではと思います



この後1/3は瞑想のお話に入ります

著者である山本正子さんの瞑想体験のご紹介と瞑想法、そしてサティア・サイババについて

昨今では聖者と呼ばれる方々の強烈な瞑想体験をつづった本がたくさん出ていることもあり、
この本に書かれている瞑想体験の内容はさほど驚くようなものはありません

ヨーガに関わらず瞑想愛好家の方々は経験がある人も多いのではと思う程度の内容です


そんな部分でもヨーガ初めての方向けの一冊でした



ヨガ 幸福への招待―入門から冥想至福体験へ

しばらく放置している間にFC2ブログ、絵文字使えなくなったのかなんなのか?
使い勝手に大困惑のベクシィ

アナログ女が無理しておりますな


Om Shanti & Love Love xxx




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。