スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのチャクラ

続いてチャクラの本です



題名が『はじめてのチャクラ』とついていますが、
多分ヨーガの考えにある程度触れている方が、
【はじめて】チャクラについてちゃんと知りたいと思った時に読むと丁度良い本かと思います


チャクラって言葉を初めて聞いたし、ヨーガも全く知らないという、
本気で【はじめて】の方には、この本よりも昨日ご紹介した
Yogaではじめる 瞑想入門
の方をオススメします


とは言え、この本もそう難しい本ではありません
大変読みやすく、分かりやすく普通に面白いです


著者をはアメリカの女性で、ヨガナンダ(この人ヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~)の
直弟子であるスワミ・クリヤナンダに師事した方です

その為、書かれている内容は全てヨガナンダorスワミ・クリヤナンダの教えなので、
ヨーガにおけるチャクラの考えが分かりやすく説明されています


ヨーガにおけるって、チャクラはそもそもヨーガの考え方でしょと思った方、
そうですが、違います

チャクラの存在を一番初めに発見して、それをチャクラと名づけたのは、
何千年も前のインドのヨーガ行者さんですが、
チャクラの考えがヨーガだけの考えというわけではないのです


だってチャクラは空想の概念ではなく、わたし達人間みなに備わっているものです

それは、人間に目があり胃があり血管があるのと同じように、
当たり前に存在するものなのです

その為、何もインド人じゃなくとも、
イギリス人だってロシア人だってアメリカ人だって中国人だって、何人だって、
人間そのものを研究されている方々の考えの中には普通にチャクラの考えがあるのです

それは、ナーディーと経絡が同じものでも育ったお国によって多少違いがあるように
(ナーディーって?エネルギーの通り道
チャクラの概念も、研究している集りによって多少の違いはあります


その為、本の題名に【チャクラ】とついていたら、
何でもヨーガにおけるチャクラの説明が読めるのかと言ったら、
そうとは限りません

ヨーガ以外からの切り口のチャクラの本もたくさんでています


その点この本は、純粋にヨーガにおけるチャクラが書かれているので、
ヨーガを学ぶ方がチャクラをお勉強するときに大変オススメの1冊です


それぞれのチャクラについて、わたし達人間とどのような関わりがあるのか、
プラスに働くとどうなのか、マイナスに働くとどうなのか、
そのチャクラを活性化する瞑想法など、とても分かりやすく書かれています

また、チャクラ単独の働きだけではなく、
それぞれのチャクラの関係性もとても分かりやすいです

ヨーガをされている方で、
さらにチャクラに興味が湧いてきた方はぜひぜひ読んで見てください





こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx   ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。