スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「やさしい」ってどういうこと?

たくさんの方に読んでもらいたいと思う一冊



読んで最初の方で、すごくはっとしました


みなさんは普段どんな時に「やさしい」って言葉を使っていますか?

どんな人を「やさしい人」って言いますか?


一般的に人が相手を「やさしい」と表現する時、それは

相手が自分にとって都合の良い態度を取ってくれた時
自分にとって心地よい言葉をかけてくれた時
自分の喜ぶことをしてくれた時なのです


例えどんなに相手が自分を思って行動してくれていたとしても
自分にとって度が過ぎていれば、その人は「おせっかいな人」になってしまいます

そしてどんなに相手が自分を思って言葉をかけてくれているとしても
自分にとって不愉快と感じる内容だったら、その人を「やさしい人」だなんて絶対言いません


わたし達はみな、自分のエゴむき出しで、
それにピッタリ当てはまることをしてくれた人を「やさしい」と言っています


それってすごくおかしくないですか??


相手が自分の思う通りの行動をしないと「やさしくない人」
思い通りの行動をしてくれると「やさしい人」


相手の人が実際どうゆう人か、どんな事を考えているかなんてそっちのけで
その人の存在を見ず、
自分のエゴ、主観だけで判断して「やさしい」「やさしくない」なんて
絶対に本当の「やさしさ」ではないですよね


その事を気付かせてくれた、大切な1冊です


もちろんどうゆう事が本当の「やさしさ」かも書かれています

時々読み返しますが、
その度に思うところがあるステキな本です




こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。