スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悟りってなあに?

かなりの勢いでガッカリだった本



まぁ、古本屋さんで格安購入なのでいいけれどね

そもそもベクシィは予言的なものには殆ど興味が無いのです

だけどこの本、最初の方から予言的なことが色々書かれています

そしてその予言のメインが
2012年までに、この世界の全ての人が悟りを得るというものです

えっと…今、2010年がほぼ終わろうとしているのですが…

ってことは、あと2年で全人類が悟りを得るの

もうしわけないけれど、現状ではそうは見えません

この本が出版されたのが2005年なので、
まだまだ時間がある~という感じだったのかもしれませんが、
今となっては全然時間がありませんよ

ここからまだしばらく予言的なものが続くので、
興味が無さ過ぎて読むのをやめようかと思いました

けれど、『悟りってなぁに?』という題名から察するに、
ヨーガでも大切にしている悟りの話も出てくるでしょうし、
本の舞台がインドなので、まぁ読むことにしました

すると出てきました
悟りについてのお話が

ただ、この本で書かれている悟り方とは、
世間一般で言われているそれとは全く違います

悟りとは、外科的手術で脳の改造をするようなもの、とされています

実際外科医が脳を開いて手術をするわけではありませんが、
人を悟らせる能力のある人が手をあてたり、足型を押し当てると
脳がダイレクトに変化して誰でも悟りを得る事が出来るそうです


神様に会う事が出来たり、宇宙の果てを見る事が出来たり、
机になったりトンボになったり木になったり、
ヨーガでいうところのブラフマンとアートマンが一つであると納得できる体験が出来るそうです

14日間のコースに参加すればみんな悟れて、
21日間のコースに参加すれば悟った上に人を悟らせる力を得るそう


ベクシィはこうゆう話が嘘だろうが本当だろうがどっちでも良いタイプです

ヨーガや仏教などで言うところの悟りの状態と、
この外科的手術を受けて得られる悟りの状態とは同じような感じらしいですし、
100%嘘と言うわけでもないと思います

ただ、2年後に世界中の人が悟っていても、
「そう言えばあの本に書いてあったね」と思うくらいだと思うし、
そうでなかったとしても、この本自体のコトを忘れていてなんとも思わない

それくらい興味が無いということです

興味の対象と内容が違ったのでベクシィにはガッカリでしたが、
短期間で悟らせてもらいたいと考えている人には、
参考になるのではないでしょうか






こちらもよろしくお願いしますあるヨーギニーの本棚


Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。