スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる予言

あ~~~面白かった~~



読んでる最中から絶対もう一度、いえ、一度と言わず、何度も読みたいと思った本です

これはとても珍しい
「勉強の為にもう一度読まなくては」と思うものはあれど、
ココロから「また読みたい~~」と思うものは滅多にないもの

この本も、いつもたくさんのご本を貸してくださるセラピストのお姉さまからお借りしました

なので、直接ヨーガではなくて、スピリチュアル的な本です

スピリチュアル的な本をお借りする度に、
ヨーガの教えと通じる部分をたくさん発見できますが、
この本も例にもれずヨーガとの共通点がいっぱい


この本の何がそんなに面白いのかと言うと、
普通のヨーガ本やスピリチュアル本とは違い冒険小説になっているところです

主人公が歴史的に隠され続けてきた9つの予言書を探して大冒険をします
もちろん冒険小説らしく、
その予言書を表に出すまいとする勢力によって危険な目にもたくさんあるので、
ハラハラドキドキ引き込まれ、あっと言う間読み終わってしまいました

この9個の予言に書かれている智慧を一つ一つ発見することで、
精神的な成長の段階があがっていくように構成されています

ヨーガの考えを知ってる人が読むと、「これはタントラの話だな」とか
「ヴェーダだな」とか「スートラにあるな」とかわかると思います

それが西洋的視点で別の表現で語られるので新たな気づきがあって興味深い

そして、この本で示されている9つの智慧による精神の発達の順番と、
ヨーガでの順番が異なるのも面白い

最終段階が一緒でも、途中の順番が変わると、発達する展開も変わってくるもの


とはいえ、ベクシィがたまたまヨーガが大好きだからこうゆう読み方をするだけで、
ヨーガなんか無関係に読んでも充二分に楽しめると思います

ただ、世の中は目に見えるものだけが全てという考えの人には面白く無い本でもあります





こちらもよろしくお願いいたします美しく生きる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。