スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピリチュアル・ヨーガ

とてもよく書けています



って、「とてもよく書けてる」なんて、なんか上から目線な表現で変なのだけど、
上から目線での言葉と言うよりも、
「ああ、よく書かれてる」と読んでる時になんども感心してしまったのです

それだけ面白かった


全部で三章に分かれています

第一章目ではヨーガの哲学が紹介され、
第二章目は瞑想やプラーナヤーマについて、
第三章でヨーガの実践(アーサナ)が一章二章で語られた内容と絡めて紹介されています


ベクシィにとって、なにがすごく面白かったかと言うと
アメリカの医学博士の方が書いているところ

ヨーガの哲学などの本をちょこちょこ読んでるベクシィですが、
元々東洋に育った東洋思想の人が解説するヨーガの本が主でした

インドの聖者が語ったヨーガの本とか、
日本人でも元々東洋的な感じの人が書いたヨーガの本とか、
あっても、東洋思想に傾向した西洋人の本とか、ね

この本は、どうにもこうにも
ガッツリ西洋思想の中で育った西洋人が表現するヨーガ、という感じなのです

そうなるとやっぱり、同じことを語ったとしても表現が変わってきます

その表現がとても面白い


日本は東洋の一部ですが、
思想的にはほぼ西洋的になっている人が多い国だと思います

西洋的な思考の持ち主の方に初めてヨーガを説明する時は、
この本みたいな表現が一番抵抗無く分かりやすい気がします


アーサナ(ポーズ)以外のヨーガに初めて触れる方に、
最初の1冊としてオススメするのにピッタリと思います


ただ一つ思うのは、
この著者は多分、本当のサマーディには至ったことが無いだろうなぁと、
それは感じました






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。