スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十一の予言

以前ご紹介した聖なる予言第十の予言の続編です





前回、前々回に引き続き面白かったです
何故って、冒険小説ですから

昔は小説もよく読みましたが、
最近はお勉強的な本を読むことが多くなってしまったベクシィは、
冒険小説というだけで無条件にドキドキワクワクしている感は否めません

娯楽みたいな感じ

でもそこはこのシリーズ、
冒険小説の形をとりながらココロの世界をテーマにお話は展開されていきます


前回同様、主人公は色んな事を学んで精神性が高まったと思いきや、
なんだかそれがウソのように普通な生活に戻ってしまっているところから始まります

そして毎度の事ながら、
偶然が偶然を呼ぶようにして大冒険に導かれます


今回はどうやら、
【シャンバラ】を探しにいかなくてはいけないらしいのです

シャンバラとはヒマラヤの奥深くのどこかにあると言われている理想郷

そこには精神性が高まった人たちしか住んでいないので、
わたし達が今生きている世の中のような悲惨な出来事や争いなどはありません

科学も、本当の意味で人間の為になる発展の仕方をしているので、
誰かの私利私欲・恐怖の為に間違った方向に使われていることもありません
(中間子発見が原子爆弾の発展することなどない)

とても穏やかで、とても平和な世界です

その世界を探す主人公達と、
その世界の存在を否定して潰そうとする組織とが
ドキドキハラハラさせてくれちゃいます


で、そのシャンバラに住む人たちの仕事が、
寺院(?)に集まってお祈りをすることなのです

誰の為のお祈りかと言うと、わたし達です


エゴが強く、私利私欲に駆られている
この世界に住む多くの人たち(ようするに普通の人)が
少しでも精神性を上げられるようにお祈りしてくれています


普通、そんな話を読んだら「はぁ?」と思うかもしれません

でもベクシィ、無意味に思い当たる節があって
「ああっ」と思ってしまいました

いえね、ヨーガなんぞを学んでいると時々、
『ヒマラヤの奥深くに住む本物のヨーガ行者さん達は
 300才、500才まで生きる』
なんていう、まことしやかなお話を耳にするわけです


そこはなんでなんで星人なベクシィ、疑問に思ってしまうわけです

まぁ、仮に300とか500まで生きたとして、
その人達は何をしているのだ?と

結局人様の為に生きてなんぼなヨーガの世界で、
ヒマラヤの奥地なんて誰も来ないところにこもって
何百年も長生きしていたところで誰の為にも何の役にも立ってないような気がしませんか?

自己満かしら?


気になり始めると、確かめたくなるたちなので、
ヨーガの偉い先生を捕まえては質問してしまうのです


『彼らは悟りを開いたところで、
 ヒマラヤにこもりっきりで何をしているでしょうか?』


すると、先生方からは決まって
「エネルギーを送っている」とか「祈っている」とかそんなお返事が返ってきます

どうも、そこまで精神レベルが高くなると、
思考の力が一般の人と比べ物にならなくなるので、
ヒマラヤからでも世界の人々に影響を与えられるんですってーーー


で、実際にそうゆう人がいる時といない時では世の中の平和度が全然違うとか、なんだとか


そんな話を聞いた事が何度かあったので、このシャンバラのお話を見た時に
ヒマラヤの奥でお祈りなんて、まさにその話な気分でした


因みに今回主人公は、エネルギーを常にクリアにして高めておく大切さを学びます


でもなんでこれが十一番目?
もっと早い段階で出てきても良さそうな内容ですね






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。