スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八十八歳を生きる~ヨーガとともに~




そもそもベクシィは、年を取るということに大変興味があります

年齢を重ねる事に恐れを感じる方が多いようですが、
わたしは自分がどんな風に年齢を重ねていくのか、
とても楽しみに感じています

ウキウキワクワク


それはまぁ、ベクシィのママが年齢を重ねても
大変イキイキとキュートで楽しそうな姿を見ているからと、
単純に成長変化する自分を感じるのが楽しいからかと思います


そう、なのでわたしは、
年齢を重ねていらっしゃる方というのにも大変興味があるのです


著者の佐保田鶴治先生は、
日本のヨーガの歴史を語る時に絶対外せない存在です
(ご興味ある方はWikipediaでも佐保田鶴治

そんなヨーガの大先生の老後の姿と聞いたら、
興味深々で読んでしまいますでしょう


この本には、生前の佐保田先生、最後の年の講演が収められています

あとがきを脱稿された1週間後の旅立ちだったそうで、
お亡くなりになった約1ヵ月後に出版されました



佐保田先生は元々がインド哲学・宗教学専攻の学者さんというだけあって、
ヨーガに対する知識や理解の深さが素晴らしいです


本当にヨーガを知りたいと思ったら、ヨーガ歴史をしらなくてはなりません

ヨーガがどのように発展してきたかを知らないと、
今のヨーガの形にどんな意味があるのか表面的にしか理解出来ないでしょう

そして、ヨーガの歴史がどうしてそのような道を辿ったかを本当に知るためには、
ヨーガを育んだインドがどのような歴史を辿り、
どんな文化・思想を持っていたかをしらないといけません

この現代で考えたって、お国によって思想が大きく違うのだから、
その昔から考えたらなおのことです

それを知らなかったら、ヨーガの考え方を理解出来るはずがありません


佐保田先生は、インド思想の専門家だからこそ、
表面的ではない本当のヨーガを人々に語ることが出来ます



そして、普通に考えたら、
そんな話は到底難しくて分かりにくいものになると思います

そんな分かりにくい話をユーモアを交えながら一般の人にわかり易く説明している

そんな講演をそのまま文章にしているので、もうとにかく分かりやすいです


ヨーガのことをもっと深く知りたいけれど、
難しいお話を読むのは苦手…

という方には、とても入りやすい本だと思います


ただ1986年の本なので、ちょっと昔っぽい感じは否めません

ヨーガはもっともっと大昔からのものなので、
20年程度の時差でその内容に違いはありませんが、
昔っぽいのが苦手な方は向かないかも


驚いたことに、本当に真面目にヨーガをやっている人は思想が変わってくるのです。
思想が変わるから健康になるんですね。
精神をつかい、呼吸をつかってやるヨーガの体操を通して、
どなたでもそうゆう体験を得ることができる。
生きているのが楽しくなり、人間が生まれて来ることの意味がはっきりわかってきます。

(裏表紙より)






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx    ベクシィ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。