スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテグラル・ヨーガ~パタンジャリのヨーガ・スートラ~

有名なヨーガの教典、ヨーガ・スートラの講演録です




ここで説かれているヨーガとは、
一番古典的な「心統一」方としての三昧を目指すヨーガです

その為、現在盛んに行われているカラダを動かす運動的なお話は全くという程触れられていません

けれど、ラージャ・ヨーガ=王道のヨーガと呼ばれるように、
ヨーガのココロ、ヨーガの本質はこの部分にあります

なので、ヨーガを少しでも深く知りたい方は、
いつかは「ヨーガ・スートラ」に触れて頂きたいなぁと思います


そして、それだけ有名で大切な教典なので、
日本語訳や解説本もたくさん出ています

その中で一番読みやすく解りやすいと言われているのが、
このサッチダーナンダさんの講演録です

確かに、講演録はもともと弟子達にわかりやすく話しているものなので、
文面にしても解りやすいという面もあると思います

でも、それより何より、
このサッチダーナンダさんがお話すから解りやすいのです

以前サッチダーナンダさんの講演録で自己を知るヨーガを紹介させていただきましたが、
これも本当にわかりやすいものでした

さらに、他の冊子や資料で見る彼の講演もどれもわかりやすくてはずれがありません


今ベクシィはハタ・ヨーガ・プラディーピカーのサッチダーナンサさんの講演録をお勉強中ですが、
文句なしに面白いです

それは全て、彼の人柄や智慧の深さ、人に伝える能力の高さの表れでしょう


初めてヨーガ・スートラに触れてみようと思う方には、
一番オススメな1冊です


因みに、日本ではヨーガの流派の中に【インテグラル・ヨーガ】というのがありますが、
この本の題名とは関係ないそうです

大昔に確認した時にそう伺いました







こちらもよろしくお願い致します美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx    ベクシィ

心を空っぽにすれば夢が叶う

ヨーガの母と呼ばれているヨグマタ・相川圭子さんの本



この方の本はいつか読んでみようと思いつつ、
後回し後回しになっていました

すると、いつもご本を貸してくださるセラピストのお姉さまの手元にあるというので
今がチャンスとばかりにお借りしました


内容は

第一章 心のとらわれを外す
       ―「あなたの心」はあなた自身ではない

第二章 大切なものを捨てれば幸せになれる

第三章 すべての結果はあなたの心が作り出している
       ―望めばすべて叶えられる

第四章 私の歩んできた道
       ―ヒマラヤ修行、そしてサマディ成就

第五章 ヒマラヤの教え
       ―本当のヨガ

第六章 宗教から超宗教へ
       ―ヒマラヤ製じゃと仏陀とイエス・キリスト

第七章 神とは何か、カルマとは何か

第八章 心と体、そして霊

第九章 死後の世界と霊についての真実

第十一章 祈りが未来を拓く
       ―人間の本源を求めて


と、なっています

ある程度ヨーガを学んでいる方は題名を見ただけで内容は大体思い浮かぶと思います

ベクシィもそうであったので、実は全体のないよう云々よりも
第四章の【私の歩んできた道】をとても楽しみに読みました

だってだって、そうでない

世界初の女性ヒマラヤ聖者と呼ばれる人になるなんて、
インド人だったとしてもすごく珍しい人生だのに、それが日本人なんですもの

普通に日本で生まれ育った女の子が、
そうゆう道を歩んでいくなんて、とても面白いお話が聞けそうじゃないですか

と、期待しすぎて結果がっかり

この本全体の中で、ベクシィにとっては四章が一番面白くなかった

「上澄み」みたいな印象です


その他全体としては、根本的なヨーガのお話や、悟りのお話、
死後の世界や霊や魂のお話などとてもわかりやすく書かれています

あとがきで

『いかに生きるべきか、そしていかにしぬべきなのかということについて、
 もっと自覚をもっていただきたいのです』


と書かれていましたが、確かに読みながらベクシィはそのコトを考えていました


ただ、ヤギャ(護摩供養)やディクシャ(師が弟子にエネルギーを送る)等を進める部分が多くあったり、
全体的に宗教色が濃い内容になっているので、宗教色に嫌悪を感じる方にはオススメしないです

そうゆうのが大丈夫な方は、読んでも平気と思います






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる


Om Shanti & Love    ベクシィ

スピリチュアル・ヨーガ

とてもよく書けています



って、「とてもよく書けてる」なんて、なんか上から目線な表現で変なのだけど、
上から目線での言葉と言うよりも、
「ああ、よく書かれてる」と読んでる時になんども感心してしまったのです

それだけ面白かった


全部で三章に分かれています

第一章目ではヨーガの哲学が紹介され、
第二章目は瞑想やプラーナヤーマについて、
第三章でヨーガの実践(アーサナ)が一章二章で語られた内容と絡めて紹介されています


ベクシィにとって、なにがすごく面白かったかと言うと
アメリカの医学博士の方が書いているところ

ヨーガの哲学などの本をちょこちょこ読んでるベクシィですが、
元々東洋に育った東洋思想の人が解説するヨーガの本が主でした

インドの聖者が語ったヨーガの本とか、
日本人でも元々東洋的な感じの人が書いたヨーガの本とか、
あっても、東洋思想に傾向した西洋人の本とか、ね

この本は、どうにもこうにも
ガッツリ西洋思想の中で育った西洋人が表現するヨーガ、という感じなのです

そうなるとやっぱり、同じことを語ったとしても表現が変わってきます

その表現がとても面白い


日本は東洋の一部ですが、
思想的にはほぼ西洋的になっている人が多い国だと思います

西洋的な思考の持ち主の方に初めてヨーガを説明する時は、
この本みたいな表現が一番抵抗無く分かりやすい気がします


アーサナ(ポーズ)以外のヨーガに初めて触れる方に、
最初の1冊としてオススメするのにピッタリと思います


ただ一つ思うのは、
この著者は多分、本当のサマーディには至ったことが無いだろうなぁと、
それは感じました






こちらもよろしくお願い致します美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ

ババジと18人のシッダ

表紙が変テコでちょっと躊躇
でも、ババジとクリヤー・ヨーガに興味があったので、読んでみた本




前回ご紹介したヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~
この中にババジという偉大なグル(先生)が出てきます

ヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~の中にはたくさんの聖者が出てくるのですが、
その聖者たちのグルがババジなのです

しかも、少年のままの姿で年を取らず、何世紀もの間生きつづけています


この本ではそのババジとやらはどんな存在なのか

そして【シッダ】と呼ばれる、死を越える存在にまで到達した18人の聖者、
プラス、シュリー・オーロビンドと呼ばれる聖者の話

クリヤー・ヨーガとはどんなヨーガなのか

さらにこの本の著者、マーシャル・ゴーヴィンダさんの半生が書かれています


クリヤー・ヨーガはとてもタントラ(密教)的なヨーガなので、
あまり大っぴらにされる事が無く、文献なども大々的には残されていません

その為、謎に包まれていたので、本で読めるなんてとウキウキ読みました



でも実際は、クリヤー・ヨーガの話より(とても勉強になったけど)
ババジやほかの聖者の話より、
この著者の半生がいちばん面白かったです

大体の聖者やヨーガの人の自叙伝を読むと、
「この一般とかけ離れた生活も楽しそうだなぁ」と感じます

が、しかし、この人のヨーガ人生は全く楽しそうではありません

道を変えずに今でもヨーガ道を一心に歩んでいるので、
本人としては充実感や幸福感を感じているのだと思いますが、
読んでるこちらとしては『うわ、やだな、大変そうだな、酷いな』と感じることばかり

そもそもヨーガを始める前に起こった事件から胸が嫌な感じになりました

アメリカ人の彼が、
アメリカで白い腰布しかまかないヨーガの集団に入る事の世間の冷ややかな目、
厳しいグルから課せられる過酷ないいつけの数々、
グルとの葛藤なんかはとてもリアルに伝わってきました


でも、「楽しそうだなぁ」と感じさせる自叙伝よりもきっと、
この人の半生の辛そうさ、大変そうさの方が本当なのだろうと思います

インド人でない私たちが全てを捨ててヨーガの世界に入ると言い出したら、
絶対待ち受けてるのはこっちな気がします


個人的には面白かったけれど、
ヨーガを学び始めてしばらくたってる人にオススメです

初心者の方にはちょっと分かりにくいかも


因みに、また新しい太陽礼拝を発見したのはラッキー






こちらもよろしくお願い致しますあるヨーギニーの本棚


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ



ヨガ行者の一生~あるヨギの自叙伝~

とってもとっても有名&素晴らしい1冊です
yoga
ヨガ行者の一生―聖者ヨガナンダの自叙伝 (1959年)

まぁ、実際は素晴らしいと有名なのはあるヨギの自叙伝という本なのだけど

これは、ヨーガをする人のみならず、
スピリチュアル関係の方でも教科書と呼ぶ方が多い1冊で、
アマゾンのレビューでも絶賛されています

ベクシィの持っているこの【ヨガ行者の一生】は
そのあるヨギの自叙伝の改訂前のものです

改訂版の【あるヨギの自叙伝】が有名な中、
その前身である【ヨガ行者の一生】を持ってるなんて、ちょっとレアでしょ


【あるヨギの自叙伝】は5年前くらいに知人に借りて読んでいました

偶然これが手に入ったので改めて読んだのですが、
改めて読んでもとても面白かったです

でもさすがに5年前の記憶なので、どこが改訂されているかはちっとも分からず


ヨーガを学ぶ多くの人が出会う本ですが、
ヨーガを体操や運動的にとらえている方にとってはビックリの連続だと思います

そして、人によっては拒否反応が出るかもしれません

なぜなら、今わたし達が生きている、
科学的な文明世界の常識では有り得ない話ばかりだからです


俗世を捨てて一心に真理を求め続けた著者、聖者ヨガナンダの人生は、
たくさんの偉大な聖者たちとの出会いに満ち溢れていました

神との合一を達成している聖者たちは、
肉体も心も魂も、わたし達のそれとは大きく違います

わたし達の常識では【奇跡】としかいいようの無い出来事を当たり前に起こすことが出来るのです

聖者たちの【奇跡】を書きたいところですが、
それよりも読んで頂きたい思いが強いので、ここではひとまず書きません

が、そういった【奇跡】と呼ばれるようなことがどのように行われるのか、
どのような世界での現象なのかも分かりやすく書いているところが、
ヨーガとは関係ないスピリチュアル系の人にも絶賛される理由かと思います

ただ、非科学的なことが受け入れられない人にとっては、
自叙伝ではなくフィクションと思わないとイライラするかもしれません


聖者ヨガナンダはヨーガの教えをアメリカに広めに渡ったほどの人なので、
キリストの教えとヨーガの教えの同一性をとても良く理解しています

この本の中でもヨーガの教えを説明する為に聖書の一節がたくさん引用されています

さらに、時には聖書の一節の正しい解釈の仕方が解説されていたりもします

その為、ヨーガのみならず、
キリスト教に詳しい方が読んでも新しい発見があって楽しめるのではないでしょうか?


とにかく、ヨーガを本気で学びたいと思ってる方には、
いつか絶対読んで頂きたいなぁと思う本です




ヨガ行者の一生―聖者ヨガナンダの自叙伝 (1959年)


こちらもよろしくお願い致します美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx      ベクシィ


ストレス・マネージメントのためのヨーガ・セラピー

題名そのまんま、ヨーガでストレスのコントロールをしましょう♪
という内容の本です
本

いつもこの本ブログにはアマゾンさんの画像を使わせて頂いていうのですが、
この本、いくら検索しても出てこない
というか、アマゾン以外でも全く検索にかからない謎の品物です

ヨーガを【ヨーガセラピー】として病院に取り入れているインドのお医者さまが書かれた本です

勿論お医者さまなので、東洋の神秘云々だけでなく、西洋医学に精通しています


なので、この本もとてもバランスが良い

一方的にヨーガの立場からストレス云々を語っているのではなく、
まず科学的(医学的?)観点からみたストレスの真実を語り、
その後でヨーガの観点からみたストレスについて述べています

ヨーガでは人間を5つの層に分けて考えますが、
その層に対してストレスがどう影響するか、等等


『ヨーガはストレスを抱えている方にもとっても効果があるんだよ


なんて、いくら口で聞かされても
『ほえ~~??』という気分になる方も実際のところ多いと思います

またヨーガをされている方で、
具体的にストレスとヨーガの関係を知りたい方もいらっしゃることでしょう

そんな方にはオススメな一冊でした



こちらもよろしくお願いいたします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx       ベクシィ

ヨーガとこころの科学

ヨーガとココロの関係を学びたい全ての方にオススメしたい本



1月まるまるこちらのブログはお休みしていたのですが、
その理由がこの本を読み直していたからです

なんと、これ1冊読むのに約1ヶ月かかってしまったの

別に内容が難しくて読み進められなかったとかではありません

一節一節がとても短くて、中味が濃く、読みやすいのですが、
その短い一節を読む度に瞑想をしたくなるというこの不思議

家で本を読んでいても、電車で読んでいても、喫茶店で読んでいても、
開いて一節読むとすぐに、何故か瞑想したくなってしまうのです

なので普段だったらサクサク読み進めて行くところ、
この1月は瞑想ばかりして過ごしていました

内容はその題名の通り、こころの科学としてのヨーガです

そもそも、「ヨーガとは何ですか?」と問われた時に
「ココロの科学です」と答えられたりすることもあります

ヨーガではココロの話やそのコントロール法が説かれますが、
それは別に空想的なものを信じろということではなくて、
ココロという見えないものを扱ったれっきとした科学なのです

この本にはその科学が詰まっています

ココロというものがどのようなものなのかを明確に示し、
そうゆうものだからこそ、こう扱えるとか、こうすればコントロール出来るとか、
ちゃんと道に沿って説明されています

カルマ・ヨーガだとか、バクティ・ヨーガだとか、何ヨーガだとかは関係なく、
全てのヨーガに通ずるココロのお話

そして全ての人に通じるココロのお話

アーサナ(ポーズ)以外のヨーガにも興味をもっていらっしゃる方、
また直接ヨーガをされていなかったとしても、
ココロという見えない世界に興味のある方には、
絶対的にオススメな一冊です





こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ

ヨーガを学ぶ人々に

大聖ラーマクリシュナの生涯&スワミ・ヴィヴェーカーナンダの小伝+講演「わが師」
ヨーガを学ぶ人々に
ヨーガを学ぶ人々に (1978年)
ヨーガを学ぶ人々に (1978年)

近代のヨーガの聖者について学んでいると必ず出てくるこの2人

ラーマクリシュナとヴィヴェーカーナンダ

この2人は師弟関係にあるのですが、それぞれの生涯が書かれているのにプラスして、
ヴィヴェーカーナンダが自分の師であるラーマクリシュナについて
熱く語っている講演録がついています

もちろん、近代のヨーガの聖者はこの2人だけではなく、
他にもいっぱいいらっしゃいます

シヴァーナンダさんとか、クリシュナマチャリアさんとか、
ラーマナ・マハーリシさんとか、オーロビンド・ゴーシュさんとか、
クリシュナムルティさんとか、ヨーガーナンダさんとか、
まぁ、いっぱいいっぱい

どの方のお話もとても興味深くて面白いのですが、
どうゆうわけかベクシィ、初めてラーマクリシュナのお話を聞いた時から、
やたらラーマクリシュナがツボです

それは、初めての出会いからずーーっと時間が経って今読んでもそうでした

ラーマクリシュナの人生を読んでる時とヴィヴェーカーナンダの人生を読んでる時の
わたしのテンションの差と言ったら、それこそ雲泥です

そして、何故ラーマクリシュナがそれほどツボにはまるのか自分でも理解不能


そもそも、このラーマクリシュナという人、
本場のインドではきっと人気があるのだと思いますが(よく知らない)、
日本人にはあまりピンと来ない存在みたいです

それもそのはず、この聖者、幼い頃からサマーディに入りまくっていて、
その生活態度が世の人とかけ離れていました

女神カーリーに会えない人生なんて嫌だと嘆いて自殺しようとしたり、
インドの神話の中の、猿族のハヌマーンにココロの焦点を合わせていた時は、
態度や行動が猿そのものになってしまったこともありました

道を歩いていて突然サマーディに入って倒れ、腕を脱臼してしまったり、
6ヶ月もサマーディに入り続けて、
周りの者が無理矢理食べ物を口に押し込めて命を存えたり、
とにかくわたし達のそれとは大きく違うので、
精神的におかしい人だ、キチガイだ、と言われたりしました

でも彼はキチガイでもなんでもなく、
ただたんに真理を悟っている人、もはやこの世の俗物には何の関心も執着も無く、
同じ世に生きていながら、生きている世界が違いました

ラーマクリシュナは真理や素晴らしい教えを弟子達に説き続けましたが、
自ら多くの人にその教えを広めようとしたり、
世間的に大きな成果を上げるような行動はしていないのです

だから、あまり日本人のわたし達にはピンと来ない存在かな?と思います

そんな彼の教えを持って、世界的に大きな活躍を遂げたのが
彼の弟子であるヴィヴェーカーナンダです

ヴィヴェーカーナンダは文字通り、世界に名を残し、
インド全体に影響を与えるような大活躍をしました

目に見える功績をたっぷりと残しているのでファンも多いです

先にも述べたように、この2人以外にも近代の聖者はいっぱいいます

その中でもやっぱり、具体的に目に見える功績を残している方の方に
人気が多い気がします(日本では?)


それでも、ベクシィはラーマクリシュナの存在が一番気になり、
彼の目でこの世を見るとどんな世界だったのか、
それが知りたくて知りたくてたまらない

ヨーガがどんどん好きになり、
ヨーガの近代の聖者にも興味を持ってらっしゃる方には是非オススメの1冊です


ヨーガを学ぶ人々に (1978年)
ヨーガを学ぶ人々に (1978年)


こちらもよろしくお願いします美しく生きる



Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ

自己を知るヨーガ

スワミ・サッチダーナンダさんの講話録



ベクシィは講話録的なものって大好き

ヨーガのお話って難しく語ろうと思うとどこまでも難しくなり、
ちんぷんかんぷん極まりない事もあるかと思うのですが、
この本はいっさいそんなことありません

例え話がたっぷりあって、
ヨーガの哲学に初めて触れる方にもきっと分かりやすいと思います

本当の幸せのお話
悪のお話
自我のお話
ココロのお話
マントラのお話
瞑想のお話
タントラ・ヨーガのお話
ハタ・ヨーガのお話
タバコのお話にお食事のお話
結婚や性や親子のお話
生死のお話や真理のお話

等など、などなど、本当に盛りだくさん

読んでるだけでココロにす~っと言葉が入ってきます

実はベクシィ、入院の時にこの本を持って行っていたのですが、
手術数時間後にこの本をニコニコと読んでいました

同じ日に同じ手術をした方が、ウンウンと苦しそうになさっている最中
ベクシィはこの本が読みた過ぎて、ベッドを上で呼んでいました

ナースさんは『こんな時に本読む人初めて』と呆れていましたが、
それくらい内容が面白いって事です

因みに、ここで説明されているタントラ・ヨーガは
先日ご紹介した運命好転の法則で説明されているタントラと解釈が違うような気がします

表面的な表現が違うような気がするだけで、深く読むと一緒なのかしら
いや、多分違うような気が…

運命好転の法則をもう一度深く読み返してみないとよく分かりませんが
色んな解釈を知ることもベクシィは大好き

ヨーガの考えを知りたい方にはオススメの1冊です





こちらもよろしくお願いします美しく生きる

Om Shanti & Love Love xxx       ベクシィ

運命好転の法則

題名だけ見ると、ヨーガとは全く関係無さそうな本ですが、
実は内容はヨーガに深く深く関係しています




それもそのはず、この本の著者のインドの方、
シヴァナンダアーシュラムでお勉強し、ヨーガニケタンで先生をしていた方ですから

それだけじゃなく、大学でインド哲学を学んで主席で卒業していたり、
インド占星術にも精通していたり、色々と深いお方です

しかも現在、日本の中野で活動してらっしゃいます

内容は多岐にわたりますが、
これ一冊読むと、確実にヨーガについての知識も深くなると思います

しかも、いいなぁと思うのは、タントラ系のお話もしっかりと解説されていること

昨今日本や欧米で盛んに行われているヨーガは、
長いヨーガの歴史の中でも比較的新しいものです

ゆったり系も、アクティブ系も、カラダからアプローチしているものは
全てハタ・ヨーガから派生しているもの

そして、そのハタ・ヨーガはこのタントラの考えからなっているのです

タントラって俗世的なものとか全て悟りを得るために使っていくから面白い

タントラの世界では、ダンスも音も悟りへの鍵だし、
男女のラブラブ行為ですら悟りが開けるとされています

でもまぁ、諸事情色々あり(密教だとかね)、
ヨーガについての書物も、スートラ的な部分が多く、
タントラ的な事がたくさんかかれているものは少ないです

だからこうして、しっかり本で読めるって
個人的にとても楽しい読み物でした





こちらもよろしくお願いします美しく生きる


Om Shanti & Love Love xxx     ベクシィ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。